chiku-chiku

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

キャミソールとショーツ

2013キャミパンツ 001
パターン:ロックミシンで子供服
生地:オークション

こちらも6月13日に香音さんで行われるミニマルシェに出品します。
ミニマルシェ情報はリンクの香音さんのブログをのぞいてみてくださいね。

6月に長女のバレエとダンス教室の発表会があります。
それにむけて、先週から週5日のレッスンがはじまりました・・。
終わる時間が9時半とかになっているので、送迎やら、
夕食の時間の設定とか、宿題やらせる時間とか、他の習い事の調整とかで
毎日時間に終われるような生活です・・・。

気持ち的に、常に時間に追われているので、せかせかするし
思うようにコトが進まないこともあったりで、週末ぐったりしてました(苦笑)

そういうときって、子供のことと自分のことでいっぱいいっぱいなので
主人への配慮を怠りがちになり・・・
久々に主人と大ゲンカになりました(苦笑)

コトの発端は・・なんとパンツの穴を繕うか繕わないかです!

主人はモノを大事にする人なのですが、
なんの話からか、主人が時々はいてるパンツに穴があいてる話題となりました。
以前、それに気づいた私が「買ってあげるよ」と言ったら
「いいよ、誰にみせるわけでもないから」とまじめに言うので
それでいいのだろうか・・・でもなぁ、靴下の穴なら繕ってあげるけど
パンツの穴は繕おうという気持ちになれないから、いっかぁって
放置していました。

それを思い出し、「本当はパンツ買ってほしいの?私は買ってあげたいなぁと
思ったけど、あなたがいいよっていうから、本心はよくわからないけど
その言葉通りうけとってたんだけど」と言うと

「おまえがパンツの穴を繕えばいいんだ。おまえは気づいてないけど
俺は自分でパンツの穴を繕ってたんだ」といいます。

「えぇ?パンツの穴は繕えないよ!」
「繕えよ!」
「いやだ!」と言い合いしてたら主人がキレました(笑)。

主人はすぐにモノを捨てる私の性格が嫌で
私は、主人が使わないものまで、ずっと取っておくのが嫌いです。

日常生活でたまった不満がお互い爆発したかんじのケンカでした(笑)




私「パパがモノを大事にするのは分かるけど、パンツは嫌だ」
主人「そういう細かいところを気にするのがダメなんだ。家族のパンツを
なぜ繕えない!」
私「別にパンツが汚いから繕わないって言ってるんじゃないよ。
パンツのゴムだったらなおしてあげるけど、穴を繕うのは気分的にやなんだよ」
主人「全然理解できない!だから価値観が違いすぎるって俺は結婚前に
いったじゃないか!それを、お前があわせるからって言ったんじゃないか!」

みたいなかんじで、話はどんどん大きくなって違うほうへ(苦笑)
いつもこの価値観の違いと考え方の違い、感覚の違いで
けんかになるのです。

いつもと違ったのはこういう夫婦喧嘩のとき、長女は泣きじゃくって
おびえてるんですけど、今回は途中から長女も参戦してきました。

長くなりそうなので、犬も食わない夫婦喧嘩の顛末はまた次回!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。